米下院第343決議案(日本語訳)

米下院第343決議案(日本語訳) 

米下院議会
2016年6月13日

臓器移植という医療技術が倫理的な基準に基づいて行われるならば、これは現代医学における最大の偉業の一つである。

一方、倫理的な臓器提供は、自発的で同意に基づくものであることが前提であるが、国際的な医療組織は、自由を奪われている囚人たちが自由に同意を表明できる立場になく、従って囚人を臓器供給源とするのは医療の倫理的指標に違反していると言明している。

また、中華人民共和国と中国共産党は、多くの臓器が同意のない囚人から摘出されているという報告を否定し続け、また同時に彼らの移植システムに対する独立した検証を妨げている。

更に、中国における臓器移植システムは、WHOが臓器の調達経路に対して要求している透明性とトレーサビリティーを遵守していない。

米国務省は、2014年における中国の人権に関する報告書の中で、「人権擁護団体は、囚人からの臓器摘出の実例について、引き続き報告している」と言明している。

2014年12月、中国人体臓器提供・移植委員会の黄潔夫主任委員は、中国は死刑囚からの臓器摘出を、2015年1月1日までに停止すると発表した。しかし、良心の囚人からの臓器摘出については、対処を怠っている。

法輪功は、真・善・忍という理念に基づく瞑想と「気功」を含む精神修養法であり、1990年代に爆発的な人気を博した。

1999年7月、中国共産党は、精神修養法の法輪功を根絶するため、集中的な、国土全体におよぶ迫害を始めた。これは、市民による、多数のグループを排除するという同党の長年の性質を表している。

1999年より、数千人におよぶ法輪功修煉者は超法規的に、労働収容キャンプ、収容センター、刑務所など、拷問と虐待が日常的に行われている場所に拘束されている。

数多くの収容施設や労働キャンプの中では、良心の囚人である法輪功修煉者が大多数を占め、彼らの拘束期間は最も長期にわたり、扱われ方は最悪であると言われている。

2015年、フリーダムハウスは、中国における良心の囚人の多くは法輪功修煉者であり、死亡、殺害されるなどの被害に遭うリスクが高いと報告している。

2006年、カナダの調査人で人権弁護士のデービッド・マタスと、前アジア太平洋州担当大臣のデービッド・キルガー中国で法輪功修煉者が臓器狩りの被害に遭っているという告発に対し、独自に調査を行った。その結果、2000年から2005年にかけて行われた41,500件の臓器移植について、法輪功修煉者のみが考えられる臓器の提供源であると結論づけた。

彼らの報告書は、中国政府のエージェントが「同意のない法輪功修煉者たちから、大がかりな臓器収奪」を行っており、彼らの主要な臓器は「無理やり収奪され、時に外国人に向けて高値で売られている。外国人が自国で、自発的な臓器提供を求める場合は、長期的に待たなければならないはずである」と報告している。

マタスとキルガーは、公安や軍病院を含む、国家と党の機関が違法な臓器狩りに関与していると示唆している。

調査人でジャーナリストのイーサン・ガットマンは、2000年から2008年にかけて、およそ65,000人の法輪功修煉者たちが臓器のために殺されており、ある程度の他の宗教や少数民族の人たちもターゲットになっていると推定している。

ガットマンは、中国公安局は主に、ウイグルの政治犯を含むムスリムのウイグル人を対象として臓器狩りを始めたと報告した。

国連拷問禁止委員会と拷問に関する特別報告官は、法輪功修煉者を対象とする臓器狩りについての告発について懸念を表明している。また、中華人民共和国に対し、臓器移植システムについての説明責任と透明性を求め、それらを濫用する責任者に刑罰を与えるよう要求した。

移植を目的とした臓器売買のために、宗教、あるいは政治的な囚人を殺すことは言語道断の、容認できない基本的な生命に対する人権侵害である。従って、

米下院は:
(1) 中華人民共和国で、国家認定のもとで行われている強制的な臓器狩りの行為を非難する

(2) 中華人民共和国の政府と中国共産党に対して、直ちに、すべての良心の囚人から臓器を収奪することを停止するよう要求する。

(3) 中華人民共和国の政府と中国共産党による16年に及ぶ法輪功に対する迫害を直ちに停止し、法輪功修煉者たちとその他の良心の囚人を直ちに釈放することを要求する

(4) 中国の非倫理的な臓器移植についての意識を高めることを促進するよう米国の医療従事者のコミュニティーに提案する

(5) 中華人民共和国が、臓器移植の濫用に対して、信頼性と透明性のある、独立した調査を受け入れることを要求する

(6) 米国国務省に対し、年次人権報告書に書かれている、国家認定のもとで行われている良心の囚人を対象とした臓器狩りについて、より詳細な分析を実施すること、また、強制的な臓器、あるいは生体組織の移植に関わる中国人および他の国籍の人間に対するビザの発行の禁止(合衆国法典第8編第1182条)を実行することについて、毎年議会に報告するよう要求する

(英語原文 https://www.congress.gov/114/bills/hres343/BILLS-114hres343eh.pdf )

[DISPLAY_ULTIMATE_PLUS]
Shopping Basket