はじめに

近年、中国の強制臓器収奪が世界範囲で注目され、バッシングされるようになっている。現状を知り、そしてこの反人道の犯罪を一刻も早く終わらせないといけない。

米映像界最高峰ピーボディ賞・英国AIB賞受賞
ドキュメンタリー「ヒューマン・ハーベスト」
上映会情報

関連報道

強制臓器収奪を裏付ける映像

臓器収奪に関する調査報告​

血まみれの臓器狩り/殺戮(さつりく)

デービッド・ギルガー氏とデービッド・マタス氏共著の『血まみれの臓器狩り』(2006)、イーサン・ガットマン氏の『Slaughter(殺戮)』(2014年)に続き、三人の共著として2016年6月22日に発表。

調査報告書(日本語版)
英語原版

国際臓器移植と中国臓器狩りについての大きい出来事

  • 1999年~2006年

事件:

1999年、法輪功への迫害が始まった後、中国の臓器移植の数量は急激に上昇した。1999年の5,000件から2006年には20,000件にまで増加し、臓器移植センターの数も150から600まで増加した。成長率は300%に達する。

  • 2014年7月

事件:
国際焦点>欧州最高の人権組織、欧州評議会は「臓器の違法販売禁じる国際公約」を採択した。
2015年3月、ヨーロッパの14国は正式にスペインにて公約に調印した。

Shopping Basket