中越国境で臓器目的の誘拐相次ぐ ベトナム人狙った中国人犯罪グループ犯行=警察が警告

ベトナム語のインターネットで流通している、臓器奪取と誘拐について警告するベトナム警察の文書

 

 

ベトナムの警察は近年、中国国境地域の街で臓器奪取を目的とした誘拐が相次いでいることから、地域の小学校などに警戒を促す文書を送付している。警察当局によると中国人犯罪グループによる犯行だという。

北部ラオカイ州シーマイカ県警察署による2016年7月付通知文書によると、国境の街ヘギャンで同年前半だけで16人のベトナム人が臓器摘出を目的に誘拐された。肝臓、腎臓、心臓、眼球の奪取があったという。

文書によると、誘拐犯は中国人で3人から5人のグループ。違法なナンバープレートの車両を運転している。被害者は「高齢者、子供のいる家族、学校の課外活動中の生徒、一人で牛追いする子供」であり、犯行グループは被害者を拉致し、車にのせ、人通りの少ないところに連れて行き臓器を摘出したという。

警察は、「犯罪を効率的に防止するために県の警察指導者は各区の警察、学校がこの(拉致と臓器摘出)犯罪の手口を全人民、全学生に知らせるように」と通知している。大紀元の取材に答えた現地の警察署の副署長は、文書の意図について「地域住民に問題の深刻さを伝えるために作成した」と語った。

[DISPLAY_ULTIMATE_PLUS]
Shopping Basket