生命・人権・臓器収奪

「生体臓器収奪を制止せよ」
国際ポスターコンテスト
受賞作品展覧会

反臓器狩りイラスト

東京都江戸川区、神奈川県相模原市の2か所にて、「生体臓器収奪を制止せよ」国際ポスターコンテストの受賞作品展覧会が開催されます。

2020年台湾・韓国・日本の共催で、世界中のデザイナーたちに呼びかけ、臓器収奪に関する認識を広めるために、ポスターデザインコンテストを開催しました。

70か国から1049点の応募があり、アメリカ、スウェーデン、イタリア、日本、韓国、タイなどの国際審査員を招き、最終的に49作品を選出しました。その選出作品のポスター展になります。

主催者:SMGネットワーク(中国における臓器移植を考える会) 臓器移植倫理協会(韓国) 台湾国際臓器移植関懐協会

問い合わせ:移植ツーリズムを考える会

反臓器狩りイラスト

ポスター例

金賞 赤い傷口

赤い傷口

(Bahram Gharavi Manjili・イラン)

イデオロギー、迫害、貿易が結合すれば、必ず壊滅的な結果をもたらす。

銀賞 予約済
予約済

(大橋輪・日本)

中国では、毎日のように多くの子供が臓器売買目的で拉致されている。その死体が発見されると、すべての臓器が盗られている。両親は、子供の軽くなった体を抱いて泣いた。私たちは、こうした事実を直視しなければならない。

おすすめ 黙っていないで
黙っていないで!

(Andrey・ロシア)

生きている人から臓器を無残に摘出することは世界規模の犯罪だが、人々は沈黙している。しかし被害者の傷口は、すべての事実を物語っている。問題に気づいた人が顔をあげ、事実をさらけ出す勇気を与えたい。

おすすめ 臓器運送箱
収奪品
(Majid・イラン) 人々は、権力者や政治家に悪用される所有物ではない。人々の命と健康は、他の人々の生存のために自らを捧げない限り、奪われたり売ったりすることのできない自由なものだ。
金賞 赤い傷口

赤い傷口

(Bahram Gharavi Manjili・イラン)

イデオロギー、迫害、貿易が結合すれば、必ず壊滅的な結果をもたらす。

銀賞 予約済
予約済

(大橋輪・日本)

中国では、毎日のように多くの子供が臓器売買目的で拉致されている。その死体が発見されると、すべての臓器が盗られている。両親は、子供の軽くなった体を抱いて泣いた。私たちは、こうした事実を直視しなければならない。

おすすめ 黙っていないで
黙っていないで!

(Andrey・ロシア)

生きている人から臓器を無残に摘出することは世界規模の犯罪だが、人々は沈黙している。しかし被害者の傷口は、すべての事実を物語っている。問題に気づいた人が顔をあげ、事実をさらけ出す勇気を与えたい。

おすすめ 臓器運送箱
収奪品
(Majid・イラン) 人々は、権力者や政治家に悪用される所有物ではない。人々の命と健康は、他の人々の生存のために自らを捧げない限り、奪われたり売ったりすることのできない自由なものだ。

今後のイベント

阿倍野市民学習センター
ギャラリー (3階)
〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300 あべのベルタ3階

2023年10月25日~10月27日

さいたま市市民活動サポートセンター
〒330-0055 埼玉県さいたま市浦和区東高砂町13-1

2023年11月19日~11月25日

与野本町コミュニティセンター
南ロビー
〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東3丁目5−43
埼京線与野本町駅徒歩3分

2023年12月1日~12月3日(9:00〜21:00)

初日:13:00 最終日:16:00

江東区文化センター
展示室(2階)
〒135-0016 東京都江東区東陽4-11-3

2023年12月4日~12月6日

会場風景

メディア報道

お問い合わせ

反臓器狩りイラスト

FAQ

主催者はどんな団体ですか?

今回は「移植ツーリズムを考える会」が主催しています。

ポスター展を開催した理由は?

私たちは、日本の患者たちが中国で起きている「生体臓器収奪」を知らずうちに加担してしまわないように、情報を明らかにし透明性を高め、患者たちがリスクと安全性を正しく理解させると同時に、臓器移植被害者を守り、人類の良心を呼び覚まし、人権と生命に対する組織的な迫害を一刻も早く阻止するために、この周知活動を行っています。

展示されるポスターはどなたの作品ですか?

2020年にポスターの国際コンクールを開催し、一般公募によるものです。70か国から1049点の応募がありました。その中から49点が審査により選抜され、金・銀・銅賞、優秀賞、佳作、人気を集めた作品賞、協会推薦賞として表されました。

日本からの参加者は?

はい。実は2020年のコンクールでは、銀賞を受賞されたのが日本からの参加者です。

どのように審査されたのですか?

予選と本選の2段階に分けて行いました。予選と本選は、米国、イタリア、韓国、台湾、スウェーデン、中国、タイより12名の著名な専門家が審査を行いました。

入場料はかかりますか?

どなたも無料でご入場できます。